セブ島留学の魅力を紹介します!

3つの魅力があるセブ留学

3つの魅力があるセブ留学 フィリピンのセブを留学先に選ぶ理由として3つの魅力があります。
まず、圧倒的なレッスンの量を低価格で受けることができる点です。
セブには語学学校が多く、いずれも毎日6時間以上のマンツーマンレッスンを実施しています。
1898年のパリ条約以降はアメリカが支配していたこともあり、公用語はフィリピン語と英語です。
市街では英語が日常的に使われており、スピーキングとリスニングは鍛えられやすい環境です。
これだけの環境を欧米留学の半分以下ですることができます。
1か月の留学にかかる費用は10万円~20万円です。
2つ目の魅力は、過ごしやすい環境です。
日本と時差がほとんどなく、学食は美味しくない場合もありますが、市街のレストランは日本人の口に合った美味しい料理を安く食べることができます。
治安の点もマンゴーストリートなどの一部の繁華街を除けば、比較的良く、ITストリートなどでは夜に出歩くこともできます。
最後の魅力は、世界的なリゾート地が近いことです。
美しい海の近くにあるため、リゾート開発がすすめられています美しい南国のエメラルドブルーの海でマリンアクティビティを楽しむ事ができます。
ダイビングでジンベエザメと一緒に泳いだり、世界最小のメガネざるに会うことができます。
勉強の後に、ご褒美で思いっきりリフレッシュし思い出に残る留学を実現することができます。

短期で力が身に付くセブ留学

セブ留学では1ケ月の短期留学で力が身に付きます。
フィリピンの中でもセブは比較的治安が良く、語学学校が数多くあります。
語学学校は、マンツーマンで毎日6時間~10時間のレッスンがあります。
レッスンの主体はスピーキングとリスニングが中心です。
最初にレベリングテストがあり、テストの結果でコースが振り分けられます。
授業の大部分がマンツーマンです。
圧倒的な時間のため、講師が話す英語のフレーズが耳に残りやすいのが特徴です。
また授業から離れた場所でも、ほとんどの会話が英語です。
格好区の留学生との会話は当然ながら街中で使う言語も英語だからです。
1カ月間の大部分を遊んで暮らすこともなく、ひたすら英語漬けになります。
最後に、英語でスピーチをする課題が盛り込まれています。
教材も豊富で、講師によって色々な教材を使ったり、何も使わないレッスンがあります。
真面目な講師や生徒が多く、日々のレッスンで、聞き取れなかった会話が、判るようになります。
受け身の授業スタイルでなく、英語を使わざるをえない個別スタイルであることが個々のレベルや進捗状況に合わせたレッスンの商家に繋がり、成果を生みます。
TOEICのテストで100点~200点アップする人が多く、人によっては200点以上アップする人もいるのがセブの短期留学です。


注目サイト


免疫細胞療法とは

エアコン修理 東京



2020/9/3 更新