セブ島留学の魅力を紹介します!

留学の効果を高める方法とは

留学の効果を高める方法とは外国に留学して、そこで生活すれば自然と英語が上達すると思っている方は少なくないことでしょう。
しかし、実際の事例が示すところによると、留学生活を送り、英語が話されている環境に身を置くだけでは思ったような効果は出ないものです。
そこで、留学の効果をより一層高めるために何ができるかを真剣に考えることが必要でしょう。
そのために必要不可欠な事柄は、しっかりとトレーニングを行ない続けることです。
例えば、現地の言語学校で学んだ例文を何度も声に出して練習したり、習った会話の表現をとにかく何度も口にしてみたりするのもよいでしょう。
また読解力を高めたり語彙を増やすために、地元の英字新聞を読むよう努力している人もいます。
このように学校で学んだ事柄をしっかり復習することに加えて、周りの人を相手に実際に使ってみることができます。
間違えることを心配せずに会話してみましょう。
そのようにトレーニングを続けることによって、留学の効果を高めることができます。

格安で留学ができる6つの国の長短と短所

格安で海外留学を考えた場合に候補として挙がってくる国が、フィリピン、フィジー、シンガポール、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの6ケ国です。
それぞれに特徴があり、長所と短所があります。
6ケ国の中で留学費用が最も格安な国がフィリピンとフィジーです。
どちらも衛生面で不安が残りますが、生活費も安い国です。
フィリピンは豊富なマンツーマンレッスンが、フィジーは南国の自然の豊かさが特徴的です。
次に安い国がシンガポールです。
住宅費が高い点が短所ですが、インフラが整備され治安が非常に良い点が長所です。
カナダ、オーストラリア、ニュージーランドはシンガポールに次ぐ費用です。
都市間が離れており移動しにくいが、公用語として英語が使われており、フレンドリーな国民性と豊かな自然が特徴です。
平均的な1ケ月の留学費用は、フィリピン・フィジーが約10万円、シンガポールが約15万円、カナダ・オーストラリア・ニュージーランドが約20万円です。

Valuable information

小田原の住宅・物件情報

最終更新日:2018/9/21